突然?段々?味を感じづらくなってきた~「味覚障害」の原因はやっぱりストレス?改善策するには亜鉛が効果的?~

「味を感じづらい」

年をとることによって、そういった傾向が出てくることは不思議なことではありません。

そもそも「加齢」という「劣化」は、「感じる」という能力も奪います。

「どうして、おじいさんはあんな熱いお湯にはいれるのだろう?」

若い頃に、そう思っていた方は多いのでしょうか?

その理由とは、まさに「感覚の鈍化」なのです。

皮膚が伸びることで、「全身が肘のようになる」といった
物理的な要素も影響していますが、いずれにしても
「耐性ができる」以上に、感覚の劣化が影響しています。

自分が今まさに、「熱いお風呂が好きになった」という方は

体が丈夫になったわけではなく、負担が大きくなっているため
十分に注意が必要な段階であると言えます。

そしてこの感覚の鈍りというのは、体中に起きるものであり
その典型的なケースの1つとして「味覚の劣化」であると言え
この劣化以外にも、味覚障害は様々な要素が絡み合って起きる症状になります。

年齢に関係のない要素も大きいが




味覚障害の要因としては、「亜鉛不足」という
特定の栄養素の不足がm要因となるケースもありますが
ここでは「特に中高年に多いケース」を想定します。

「味覚障害」として知られている、味覚を感じづらくなる症状は

  • 全体的に感じづらい
  • 特定の味だけ感じない
  • ほぼ感じない

という、大まかにわけて3つの症状が考えられます。

根本的な理由と言うのは共通しており、「知覚神経」が関わります。

やけどといった外傷・炎症による鈍りは、誰もが一度は経験があると思われます。

しかしそれとは異なり、ある程度継続して見られるものを指します。

そしてそれには、やはり「自律神経」が関わっており
自律神経の乱れの影響が、味覚に出てしまっていると考えられます。

歯を磨いた後に何か食べても、「いつもと違う味がする」という
経験はあるはずですが、そういった「麻痺」ともやや異なるものであり
もちろん、味覚以外の要素に影響が出ていた可能性もあります。

「たまたま味覚だった」とも、考えることができます。

更年期障害とは、性ホルモンの減少による自律神経の乱れが
引き起こしていることは、当サイトでも何度も解説しており
これはたとえ、男性であっても例外ではありません。

加えて、加齢による基本的な劣化も影響しており
いずれにしても、「味覚障害を引き起こしやすい」状態が整っています。

やはり「ストレス」は無視できない要素

もちろん、自律神経を乱すことにつながる最も大きな要素は
やはり「ストレス」であり、年齢に関わらず大きな影響を与えてしまう
一般的な味覚障害としては、最も大きな割合を割く要因です。

また、その症状の出方に関してても

  • 突然鈍くなる
  • 徐々に鈍くなる
  • 気づいたらあまり感じなくなっていた

様々なケースが見られることも、神経特有のトラブルと言えます。

特定の「病気」による影響も?

ストレスと同時に、中高年が懸念すべき味覚障害の原因としては
特定の臓器・疾患による影響も、十分に考えられます。

最も典型的なものが、高血糖状態の継続による
「糖尿病性神経障害」の影響であり、動脈硬化が進んだ結果として
神経細胞に栄養素が生き届かなくなり、正常な機能を果たせなくなっていると考えられます。

また「ドライマウス」といった、口腔内の渇きも影響するものであり
唾液の減少を伴う内臓疾患等によるものも、考えられるケースです。

以上のように、あらゆる角度から
中高年にとって、味覚障害はリスクが高いものと言えるのです。

味覚障害の改善策・治療法

一般的に、味覚障害の改善策と言えば「亜鉛」であり
治療のための方法も、亜鉛の処方が一般的と言えます。

そもそも「味蕾(みらい)」と呼ばれる、舌に存在する
「味を感じるための組織」は、それ自体に亜鉛が多く存在するものであり
亜鉛不足という状態は、味覚障害を引き起こす直接的な要因と言えます。

日本においては、一般的な食生活を送っているのであれば
極端に不足することはないように思えますが
亜鉛は、不足しやすい傾向のある栄養素でもあり
また味蕾というのは、新陳代謝のスピードが速い組織であり
常に不足しないように、摂取する必要があります。

そもそも味覚障害との要因として、一般的なストレスと同じくらい
この亜鉛が不足していることによる割合は、多いものと言えます。

「ダイエットしている」という方は、不足しやすい傾向があり
味覚障害のリスクが高まることは事実と言えます。

また味覚障害は、その要因の傾向から
「心療内科」での、「カウンセリング」が必要な場合もあります。

「特に悩みはない」という方も多いかもしれませんが

  • 亜鉛不足
  • 自律神経の乱れ

いずれが主な要因であるため、どちらかの代謝は必ず必要になります。

また糖尿病性神経障害に対して、「心当たり」がある方が増えてくる年代でもあり
全てのリスクを受け入れ、適切に対処していきましょう。

味覚障害かな?と思われる方におすすめのアイテム

ひとぞれぞれ事情は異なり、複雑な症状に見られる味覚障害は
様々な要因を考慮して、対策する必要があります。

ここでは、それぞれの要因ごとにマッチしたおススメのアイテムを紹介します。



最も単純な「亜鉛不足による味覚障害」は
サプリメントによる対処が、効果的・効率的と言えます。

「亜鉛サプリ」は数多く存在しますが、その他の栄養素も配合している
特に中高年特有のリスクを広くカバーしたアイテムが、特におススメと言えます。



そして、「ストレスによる味覚障害」に心当たりのある方には
「セロトニン成分」が配合されたサプリがおススメです。

「心療内科はちょっと・・・」という方は、
せめてサプリによる摂取を、試してみて欲しいと思います。

ある日突然に完治してしまうこともあれば
徐々に戻ってくるケース、時間がかかるケースと
神経が関わっている症状は、予想ができないものになります。

そもそも「ならない」に越したことのない症状であり
対策法と改善が、共通してている症状というのは
常日頃からアプローチをしておくべきと言えます。

<PR>
「亜鉛」「タウリン」「アミノ酸」がたっぷり詰まったロングセラーアイテム

「トータルメンタルケア」のための大人気サプリ