眠りが「浅い」日々が「続いている」~意識が消えない?夢ばかり見て何度も目覚める浅い眠りを改善する方法~

当サイトでは、「睡眠」に関するトピックを定期的に発信していますが
「こんなにいたのか!」と思うほどに、悩んでいる方は多いようです。

「眠れない」というと、「ワクワクしている」「悩みがある」という
2つのケースを思い浮かべることが一般的ですが
中高年の睡眠に関する悩みというのは、やや異なるものになるようです。

というのも、

様々な人生経験を積んできた方からすれば、
ストレス・悩みというのは、割と日常的なものであり
こういったことには「もう慣れた」という方も多いはずです。

もちろん、ストレスによる睡眠障害は年齢に関係ないものであり
深刻な悩みであれば、「ストレスで眠れない」ことはあり得ることですが
中高年には中高年なりの事情による、不眠の症状・原因を考えることができます。

眠りが「浅く」なる原因

そもそも「年をとると睡眠時間が長くなる」ことは、
「情報の処理の必要性の低下」による、必然的なものであり
正に生理現象ともいうべき、「体の成長」です。

ある意味で、年をとったことによる「勲章」と言えます。

「眠れないのはよくないかもしれない」と悩む方もいるかもしれませんが
健康・生活に支障がないのであれば、問題のないことです。

一概には言えませんが、特別に心配することでは症状です。

※詳細記事:>>年をとるとなぜ眠れなく(睡眠時間が短く)なるのか

しかしながら、仕事等に支障が出る場合には
しっかりと対策・改善を考えていかなければなりません。

そして、「よく眠れない」という症状には

  • そもそも寝付けない(入眠困難)
  • 途中で目が覚めてしまう・眠りが浅い(中途覚醒)

以上の2つ、もしくは両方が考えられますが
特に、現代では後者の症状が目立ってきているようです。

それは「24時間眠らなくてもいい時代」とも言うべき、
時代の流れ・環境変化による影響しており、規則正しく生活していると思っていても
実は、体の機能を乱すことにつながる影響を受け続けているのです。

※「寝付けない」という症状について詳しくは
>>眠いのに眠れない原因はストレス?~寝つきが悪い・朝まで眠れない症状~

覚醒し続ける脳

睡眠障害に関わる、全ての症状に関係する要因として
まず挙げられるのは、言うまでもなく「自律神経」の乱れです。

これは、今となっては常識的なものであり

  • ストレス
  • スマホの画面
  • 性ホルモンの減少

様々な事情によって、乱れるリスクがあふれています。

「眠りが浅い」という症状に関しては、寝るか・寝ないかの段階で
脳みそが覚醒しており、スムーズな沈静段階に移れないことが原因です。

入眠困難・中途覚醒は、どちらの症状が出ても不思議ではなく
いずれにしても、自律神経の問題としか言いようのないものになります。

ただし、「眠れていない気がする」としても
「脳みそは、やや寝ている」という状態であり

「寝れなかった」という、思い込みも大きく影響するとされます。

「眠りの質を高める」しかない

結局は、「眠りの質を高くする」しかないのですが

「そのためにどうすればいいか分からないから悩んでいる」

ということが、そもそもの悩みになるはずです。

非常に有効な方法としては「ゆっくりと、深呼吸しながら寝る」というものであり
「布団に入る前」ではなく、布団に入ってから・目をつぶってから、試してみましょう。

「そんなことで・・・」と思う方も多いかもしれませんが、
意外と「疲れる」ものであり、気が付いたら寝付いていることになります。

ぜひ、バカにしないでお試しください。

「睡眠サポートサプリ」は試す価値あり

現在、睡眠に関して悩みのある人が「意外と多い」ことから
「睡眠サポートサプリ」と呼ばれる市場が広がっており
実際に、利用者が非常に増えています。

睡眠障害を解決するためには、従来であれば「睡眠薬」が一般的ですが
睡眠薬に関して抵抗のある方が多いこと、やはり「依存」の懸念があることから
専用のサプリメントに移行する方も多いようです。

睡眠サプリは、「入眠」よりも「眠りの深さ(質)」に働きかけるものであり
中途覚醒・眠りが浅い方に、最も相応しいアイテムでもあります。

もし今の状況が「つらい」のであれば、ぜひ試すべき価値があるはずです。

当サイトで最も人気の睡眠サポートサプリはこちら

↓↓「味はイマイチ」だけど「ロングセラー」の鉄板アイテム
起立性調節障害

「事故」が起きる前に対処を

眠れない人が利用する、睡眠薬・お酒はメリットがあることは事実である一方で
そのデメリット(副作用)は、無視することができません。

しかしながら、以上で挙げた睡眠サポートアイテムは
用法を守ることで、デメリットなく利用することができます。

冒頭で述べた通り、「睡眠時間が短い」ことは問題ありません。

ただし、眠りが浅い日々が続くのは「危険」であり
いずれ必ず、トラブルが起きることが想定されます。

1週間程度であれば、「よくあること」と割り切り
1ヵ月続いているようであれば、何らかの対処をとりたい症状と言えます。

「なんとかなる!」「今までなんとかしてきた!」ということは
事実かも知れませんが、そういった精神状態は非常に危険な段階と言えます。