眠いのに眠れない原因はストレス?~寝つきが悪い・朝まで眠れない症状の本当の改善策とは?~

「睡眠」に関するトラブルは、世代関係になく一定の割合で悩んでいる人内容ですが
加齢によって招かれる睡眠に関わる問題には、1つの傾向があります。

それは「早く目覚めてしまう」というものであり、
この症状は「年をとったのかな?」と、自覚し始める1つのきっかけでもあり
「老人の朝は早い」という1つの常識に近づいていく、ある意味で「生理現象」になります。

年をとるとなぜ眠れなく(睡眠時間が短く)なるのかで解説していますが
結論としては「必要な睡眠時間が少なくなる」ということによって起きる症状です。

これは、赤ちゃんの睡眠時間が非常に長いことの対極であり
要は睡眠中に脳内で整理する「新しい情報」が、少なくなるということです。

いろいろな経験をしており、目新しい発見が少なくなるからこそ
処理が必要な内容が少なくなり、これは年をとればとるほど大きくなる要素です。

そのため「睡眠時間」が短くなってきたことに関しては
「それほど悩む必要はない」ということが言えます。

しかしながら、これは「日々の生活には問題ない」場合に言えることであり
一方で「寝れなくて苦しい」という場合は、やはり問題があります。

「寝たい」のに眠れない症状

「睡眠時間が短くなる」という症状は、加齢によって現れる自然な症状ですが
これによって、日々の生活に支障が出ているという人もいます。

それは主に、

  • 眠いのに眠れない
  • 寝た気がしない

以上の2つに言えることであり、その特徴としては

  • 「寝つき」が悪い
  • 長時間(自分が必要だと思う時間)眠れない

根本的に、「睡眠の質が悪い」と言える症状です。

また眠い・眠りたいということは、主に脳(体)が休息を必要としており
それができない状態になっているということは、問題があります。

考え方によっては、「お腹がすいているのに、食べれない」と同じくらい
本来は危険な症状であると言えるのです。

この状態に陥ってしまう原因は、一体何なのでしょうか?

「自律神経」が乱れていると考えられる

「眠りたい」「眠い」にも関わらず、眠ることができないというのは
なんとも「訳がわからない」症状です。

そして、体に起きる訳の分からない症状というのは
主に「自律神経の乱れ」が原因であると言えます。

この自律神経の乱れによって、引き起こされる症状というのは
予想ができないものですが、「ちぐはぐなことが起きる」特徴があります。

「暑いのに汗がかけない」といったことから
運動していないのに「心臓がバクバクいっている」というような
更年期障害に起きる「動悸」の症状に関しても、その根本には自律神経の乱れがあります。

起立性調節障害

やはり「ストレス」が大きな要因には違いないが

自律神経が乱れてしまう原因としては、まず「性ホルモンの減少」を挙げることができます。

これは、避けることができない現象と言えるものであり
すなわち、全ての人に「睡眠障害」が起きる可能性があります。

加えて、加齢以外の勝訴によって起きる自律神経の乱れには
「ストレス」も影響していることは間違いありません。

ただしこれに関しても、会社内での責任が重くなったり
お子さんが成長することによって、起きる様々な家庭内トラブル等
年をとるごとに、リスクが増していくことには変わりません。

また、このストレスに関しては

  • 避ける
  • 軽減する

以上の方法しか対処法がないものであり

そしてまた、この対処法がリスクとなっていることもあり得るのです。

自ら・よかれと思って乱していることも

自律神経を乱してしまう、以外な落とし穴として
「整えようとして悪化させている」ことも考えられます。

「寝酒」が、睡眠の質を落とすことは広く知られていますが
実は、「睡眠にいいもの」として考えられている
「入浴」に関しても、自律神経を乱してしまう恐れがあるのです。

というのも、

入浴は「交感神経」を刺激してしまう行為であり、そもそも交感神経とは
「副交感神経」とのバランスをとって、自律神経を正常に保つための神経です。

この交感神経が活発になることで、体は「興奮」した状態になるため
睡眠にとっては、よくないことは言うまでもありません。

ただし、「正しい入浴」は睡眠にとってメリットもあり

  1. 寝る3時間前までに
  2. 熱すぎない温度に
  3. 長すぎない(30分未満)浸かる

ということを意識しましょう。

入浴は「快眠」にとって「諸刃の剣」なのです。

実は女性は要注意な症状

上で挙げた例のように、更年期の起きる自立神経の乱れというのは
本来女性に起きやすい傾向があり、睡眠障害にまつわるリスクに関しても
日々会社でストレスを受け続けている、「おじさん」だけではないということが言えます。

また昨今顕著な女性の社会進出は、「従来のおじさんに起きる症状」のリスクが
女性にも起きやすくなっている、と言える状況と考えられます。

<PR>
当サイトで最も人気の睡眠サポートサプリはこちら