「白内障」と「緑内障」の原因・症状の違い




このサイトでは、主に「体の内側」に発生する

中高年のリスクについてのトピックを紹介していきましたが

もちろん、弱ってくるのはそれら「内臓」の組織だけではなく

「感覚器」と呼ばれる「目」「耳」「鼻」等の各パーツも

年をとるにつれて、様々な角度から劣化してくることになります。

 

それらにまつわる症状は「花粉症」や「中耳炎」といった

一時的な症状だけでなく「感覚器」本来の機能の

根本を揺るがす症状の、発生リスクも増えていきます。

 

そしてその中でも、衰える・トラブルが発生することによって

日常的に非常に不便になってしまう「視力」に関わる「目・眼球」の症状

「白内障」と「緑内障」について、触れてみたいと思います。

 

器官そのものなのか・神経なのか

 

これらの症状は、同じく「視力」に影響が出ますが

根本原因は、それぞれ全く違うものになります。

 

白内障

 

「白内障」とは、眼球内でレンズの役割を担う

「水晶体」内のタンパク質成分の変化や

水分量の変化によって、視界が濁ってしまう症状であり

決定的な「原因」を特定することは難しく

  • 加齢
  • 糖尿病

 

といったものが要因であると考えられています。

 

「肌」の水分量が落ちてくる・肌質が悪化しているのと

同じようなことが「眼球」にも、起きていることになります。

 

実際に、見た目にも「瞳」が濁っているように見え

当事者の視界の、白く濁っている・霧がかった状態になります。

 

年をとるにつれて、ほとんどの人に見られる症状であり

「自然治癒」することはありません。

 

若くして、極度の症状に見舞われる場合等は

外科手術をする必要がありますが、段階によっても

どのような方法(レーザー・切開)をとるかは変わります。

 

決して珍しい症状ではなく「典型的な目の病気」ですが

放っておけば「いずれは」失明につながる症状になります。

 

緑内障

 

「緑内障」とは「視神経」にトラブルが起きていることによる

視界が「欠損する」症状であり、眼球内の圧力(眼圧)が

上昇することによって、物理的に視神経が圧迫されることによって発生します。

 

「糖尿病性網膜症」と同じく「失明」の大きな要因でもあります。

(近年「緑内障」が「失明原因」の最も大きな割合になったとされる)

 

40歳以上であれば「5%」の人が、因子を持っていると言われており

「白内障」と同じく「痛み」といった自覚症状がないため

「視界の違和感」によって、発見するしかありません。

 

治療は「眼圧」を下げる「点眼」が主流ですが

場合によっては、外科手術が必要な場合もあります。

 

「生活習慣」は、大いに関係がある

 

いずれの症状にしても、基本的には「気づき次第」

医師に相談し、適切な処置を受けるしかありません。

 

「自然治癒」はしない症状であり「ならない」ことが

最も大切であることは「生活習慣病」と変わりありません。

 

また「原因」に関しても「先天的」な要因によって

発生することもありますが、こちらも「生活習慣病」と同じく

根本原因は、やはり「老化」であり「老化現象」の1つになります。

 

そして、それぞれの発生患者の傾向や「合併症」の有無から

いずれの症状も「生活習慣病」が大きく影響していることが分かっています。

 

特に「高血糖(糖尿病)」によって

発生リスクが上昇し、進行スピードも速くなること

 

「緑内障」に顕著である「血流」が悪化している(動脈硬化)

ことによっても、発生リスクが高くなると考えられています。

 

複雑な組織であることには違いなく

様々な要因・症状が絡み合い、現在の状態になっていますが

生活習慣によって「リスク」を下げることが出来ることも明らかなことです。

 

 

<PR>

>>視力の悪化を食い止めるためのサポートサプリランキング

 

>>「糖尿病」対策サプリランキングはコチラ