年をとって歯が弱ってきたら~いつまでも歯を健康に保つために~

年をとることで、体に不具合が出てくる様子は
よく「ガタがきた」と、言い表されることが多いですが
その際、話題にされることの多いパーツとして
腰・膝・目に加え、「歯という組織が挙げられます。

「栄養バランスのとれた食習慣を意識しましょう」等と、言われることも多いですが
そもそも健康な歯がなければ、スムーズな食事をとることはできません。

意識しなくても、「あること前提」となっている存在でもあります。

何より「食事の幸せ」を感じることができないことは
生きていくうえで、虚しく感じてしまうことでもあります。

歯とは、健康に生きるためには欠かせないパーツなのです。

「歯自体」が弱っているだけではない

「歯が弱ってきた」と言われることが多いですが、
実は、「白い<歯>と呼ばれる部分」だけが弱っているわけではありません。

様々な周辺組織が、ダメージを受け続け弱ってきた結果として
「痛い」「噛めない」「ぐらつく」といった症状が現れることになります。

そもそも、「噛み切れなくなってきた」といった症状は
歯が弱ってきたのではなく「顎の力」が、弱ってきた結果によるケースが多いのです。

「<歯>が弱ってきた」というのは、錯覚であることがケースが多いと言えます。

そもそも、歯自体は人体で最も堅い組織であり
毎日繰り返される咀嚼に耐えられるほどに、丈夫な器官になります。

だからこそ、「周辺組織」が弱ってきたことで、
耐えられなくなってきたことに影響を受け、不具合が現れるのです。

周辺組織の機能の結果

長く生きていればいるほどに、歯そのものに関わる

  • 虫歯
  • 酸化

といった、様々なリスク要素が高まることになります。

しかし実際には、上記したように
「顎(力・筋肉)が弱ったことで、噛む力が弱った」といった症状や

それに加え、

  • 歯茎(歯肉)が痩せてきた
  • 炎症が起こりやすくなってきた

といった典型的な症状が現れる原因は

やはり「歯を取り囲む」それぞれのパーツになります。

↓↓口腔内のエチケットを守る新鉄板アイテム!!


「清潔」に「使ってあげる」ことで「長持ち」させる

永遠に健康な器官は存在せず、歯・口腔内組織といったものも例外ではありません。

しかしながら、歯(永久歯)も周辺組織に関しても
一度衰えてしまったら、基本的には元に戻りません。

そのためこういった組織を、より長持ちさせるためには
「メンテナンス」と「使用頻度」が、重要な要素になります。

最低限のメンテナンス

歯を清潔に保てていないことによる、典型的な症状として「虫歯」が挙げられます。

もちろん虫歯を防ぐことも重要ですが、それよりも「歯茎の炎症」を防ぐことが
結果的に、口腔内の健康につながる大きな要素です。

口からザリガニの臭いがしてきたらでも紹介していますが、
悪臭を伴うことで知られる、「歯槽膿漏」の症状に関しても
「歯肉炎」や「歯周炎」といった、歯に接している組織の炎症が原因になります。

やはり「本体」よりも「周辺組織」の方が、ケアを必要とします。

使用頻度をしっかりと保つ

顎の力・顔面の筋肉は「しっかり使ってあげる」ことが
劣化に対する、最も根本的な対策になります。

加齢によって小食になった結果として、それらの筋肉を使わなくなることによって
「顔の下半分」の劣化につながることになります。

そもそもは「筋肉の衰え」が原因ではありますが、だからこそ使い続けることが大切です。