「ミッドライフクライシス」の対処法




「ミッドライフクライシス」という言葉は、近年になって急速に広まった症状であり
「該当リスクのある年代」であれば、聞いたことがある方も多いかと思われます。

更に、実際に実際に調べたことがある、という人は
症状に身に覚えがあり、「漠然とした不安」が沸き始めているといった
「前兆」のようなものを感じているのではないでしょうか?

とは言っても、

決して大袈裟なことではなく、中年期には誰にでも起こりうる症状であり
「思春期のニキビ」と同じようなものであり、
いつの間にか過ぎ去ってしまうことも多い症状です。

  • 軽い抑うつ
  • 軽いイライラ
  • 軽い焦り

といったものが中心であり「精神疾患・神経症」

とは言えないような「ちょっとしたこと」に収まるはずです。

しかし中には深刻な場合もあり、注意して対処する必要があるケースもあります。

スポンサーリンク

現状に対する疑問・不満

中年期に現れるメンタルトラブルの中心には
必ず「今の自分」への「疑問」と「不安」があります。

  • 築いてきた会社での地位
  • 築いてきた家庭環境

基本的には「仕事」と「家庭」のいずれかが、中心となった「もやもや感」であるはずです。

そしてその内容というのは、会社内・家庭内での自分の扱いといった
「プライド」に関わることが多い傾向も見られます。

特に女性は要注意

そういった「こころ」の変化が現れる時に、体の中で起こっていることというのは
「セロトニン」の減少・バランスの乱れです。

セロトニンとは、心を落ち着かせる・神経を沈静化する役目のあるホルモンです。

特に女性の場合は、更年期に女性ホルモン(エストロゲン)が減少し
それに伴ってセロトニンも減少するため、精神のバランスを崩しやすい傾向があります。

「頑張っているおじさん」も気をつけて!

また、ひたすら家族のため・会社のために働いてきた「おじさん」もまた
少し歯車が狂うことで、ミッドライフクライスのリスクは高くなります。

「張り詰めていた糸が切れる」という言葉がピッタリの
「喪失感」から、症状が悪化する男性は非常に多いです。

「落ち込むことが多い」という方にぜひ一度試してみて欲しいアイテム

症状が出始めてしまったら




「とにかくじっくり」寝ましょう。

単純なことをバカにしてはいけません。

ストレスをリセットする、最も効率のいい方法は「睡眠」であることは間違いありません。

そして「自分のために」何か「いきぬき」を始めましょう。

「趣味といえばゴルフ」という人も多いかもしれませんが
「人付き合い」という要素もあるはずであり、人が介在することには必ずストレスが伴います。

いつもは「付き合い」で行っているカラオケ等に1人で行って
大声で歌ってみたり、「落語」の「寄席」を経験してみるのもおススメです。

お笑いとは違う「大人になって初めて」理解できる
内容が多く、奥が深い「嗜み」と言えるものです。

食事にこだわってみる

満腹感というのは、最も簡単に幸福感を味わう方法です。

出来ればお酒を伴わない、出来れば自分で作ってみるといった
「いつもの食事」とは違う「特別感」を味わってみましょう。

これを機に「肉体面」の健康を意識して
食材や栄養素についての知識も深めていきましょう。

また女性の場合は「大豆イソフラボン」を中心とした
女性ホルモンのための栄養素を取るだけでなく

「お酒の嗜み」を始めてみることもおススメです。
(ただし、健康・生活に害の出る飲み過ぎは厳禁です!)

旦那さんと一緒にじっくり話をしながら、一緒にお酒を飲むことで
お互いに、ストレスを溜め込むリスクを避けることができます。


早めに解決する・してもらう

特に、メンタルの問題は「早い芽」をしっかり摘むべきです。

何か不安要素があるのであれば、しっかりと納得できる解決策を探し
納得できるまで、且つ気楽に実行しましょう。

また、ありきたりではありますが
身近な人(パートナー・友人)特に腹をわって話せる人に相談し
助言を受けて、素直にしたがってみることも大切です。

そして、何より

「俺の(私の)人生はこれでよかったんだ」

と「開き直る」ことが最も大切なことでもあります。

>>「メンタルサプリ」のおススメランキング

<PR>
沈んみ始めてしまったメンタルには「セロトニンパワー」