中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「ストレス」は全ての疾患のリスクになる

「疾患」や「体調不良」には、そのリスクとなる様々な要因があり

それらは症状によって変わってきますが、数ある要因の中でも

「ストレス」に関しては、全ての疾患・体調不良にとって常に一定の原因となります。

 

そして、高血圧を中心とした「中高年の健康不安」に関しても

例外ではなく、むしろ根本原因となっている可能性が高い場合もあります。

 

ストレスが生活習慣病を招く

 

特に、代表的な中高年の疾患である

高血圧や高血糖には、それらの決定要因である

「ホルモン」の分泌といった「無意識」の体の機能が関わっており

それらはストレスによって、乱れしまうこともあります。

 

そして、「無意識」の体の変化には

必ず「自律神経」が、大きく関わっています。

 

ストレスは自律神経を乱す

 

自律神経は

  • 交感神経
  • 副交感神経

 

以上の2つの神経によって機能・構成されています。

 

「交感神経」の主な働きは、体を活発にして

「興奮状態」を招き、様々な体の内臓や機能を向上させます。

 

激しい運動をする際や、危険を感じたい際に

脈拍等の心肺機能を一時的に向上させます。

 

「副交感神経」の主な働きは、体を落ち着かせて

リラック」させる「沈静作用」であり

睡眠の際や、興奮を抑える際に活発になります。

 

これらは、心拍数・内臓の動きをコントロールする機能も担っており

これらの2つの神経は「動」と「静」の補完関係にあります。

 

この2つのどちらかがうまく機能しないだけでも

「自律神経が乱れた状態」を招いてしまい

  • 頭痛
  • 便秘
  • 消化不良

 

・・・等々

 

体のあらゆるトラブルに関係しています。

 

そして、交感神経が活発になりすぎることによって

高血圧を招き、結果的に動脈硬化が進行してしまったり

 

また交感神経は、血糖値を上昇させる作用もあるため

「インスリン」の機能を超えた高血糖値を招いてしまい

ダメージが重なることによって、糖尿病に発展します。

 

社会的にもストレスを受けやすい年代

 

「中高年」と呼ばれる年代の方には、会社においても

重要なポスト・責任のあるポストについていいることも多く

それらは、大きなプレッシャーも伴います。

 

自分でも無意識のうちに重圧に感じていることも多く

「こころ」よりも先に、体が悲鳴をあげてしまうこともあります。

 

その結果、体を守るために交感神経が活発になり

血圧や血糖値が上がっていきます。

 

特に元々高血圧・高血糖の傾向があった人等は

脳卒中や心筋梗塞のリスクが増大します。

 

中高年に健康不安が増えて来るというのは

こういった、「社会的な要素」も大きく関わっていると考えられます。

 

 

<PR>

⇒「こころ」には「こころのサプリ」を



 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて