サラサラの鼻水が止まらない・止める方法は?~サプリで花粉・鼻炎対策も~




年齢・性別に関係なく、「毎年恒例」とも言えるトラブルの代表であり
多くの人々が定期的に悩むものと言えば・・・「花粉症」という存在を無視することはできません。

その症状は解説するまでもなく、

  • 目がかゆくなる
  • 鼻水が止まらなくなる
  • くしゃみが止まらなくなる

といったものに加えて、

  • 胃痛
  • 下痢

といった、体の中に起きる症状も珍しくありません。

また目・鼻だけでなく、額(頭)や全身にかゆみを感じることもあり
毎年「春(先)」が来るのを、恐れている人は少なくないはずです。

しかしながら、この「季節によって現れる症状」と思いがちな症状
「いわゆる花粉症」と呼ばれる症状は、「アレルギー反応」の1つであり
「花粉」という「因子(アレルゲン)」の量が、増大したことで目立つことになるものです。

本来の根本的な要因は別の部分にあり、警戒すべき症状は他にも存在します。

とは言っても、

花粉症の症状の度合いは1つの目安になるものであり
自分の体質と向き合うための、きっかけとして改善に取り組むべき内容になります。

スポンサーリンク

なぜ鼻水が止まらなくなる?

アレルギーと聞くと、

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎

といった「重い」ものを、イメージする方が多いと思われますが

その他にも、花粉症に加えて「鼻炎」といった鼻水・かゆみ程度の症状も存在します。

もちろん、苦しい状態には違いなく「鼻水」といった
日常生活において、不便な症状を伴うことになり
止まらない・かみ続けなければならないことに、うんざりしている人も多いはずです。

あくまで春先の花粉によって引き起こされる鼻水の症状は
アレルギー性鼻炎と似たものであり、「サラサラ」していることが特徴です。

そもそも鼻水という存在は、「粘膜」からの細菌(外的)の侵入を防ぐためのものであり
すでに侵入・退治したものに関しては、本来であれば「痰」によって排出されます。

※鼻水と痰の関係について詳しくは
>>年をとると「痰(たん)」が絡みやすく・止まらなくなるのはなぜ?

しかしながら、花粉といった因子が多すぎる状況においては
鼻に存在する「ヒスタミン受容体」を刺激することで、「水のように」出続けることになります。

※「ヒスタミン」とは・・・

「かゆみ」を引き起こす体内物質物質であり、血流に乗って体を移動するため
入浴・飲酒によって血行が良くなった際に、かゆみの分布が広がることになる特徴がある。

あふれ出る鼻水を止めるためにできること




花粉症の症状を抑えるための医薬品・アイテムというのは、数多く販売されており
その内容(働きかける対象)も、選択肢は幅広いものと言えます。

一般的には、ア諸症状全般にアプローチする「抗ヒスタミン剤」を利用する方が多く
またもともとアレルギー体質の方に関しては、かかりつけの医師に相談し
「抗アレルギー剤」の内容を検討していくことが、適切であると考えられます。

しかしながら、医薬品に関しては相性が悪い(眠くなりやすい)等
なかなか体に合ったものが見つからず、またはなるべく薬に頼りたくない方は多いはずです。

因子を排除する

そして、そういった方にできることと言えば・・・「洗浄」といった
小さなことを、バカにせずに続けていくしかありません。

大切なことは「そもそもの因子のリスク」を減らすことであり

  • 眼鏡
  • マスク

といった「防御」によって、鼻腔に付着する花粉を減らすことも重要です。

また花粉症の症状は、「寝起き」に強く出るという人も多く
それは「落としきれなかった(溜まっていた)花粉」によるものであり
家に帰った後、特に就寝前のケアが非常に重要であると言えます。

「腸内環境」が注目されている

冒頭で紹介したように、風邪以外による鼻水というのは
花粉・アレルギー性鼻炎と呼ばれてはいますが、根本的にはアレルギー反応であり

アレルギー反応とは、「自己免疫機能」の暴走と言えるものです。

外的から身を守るための反応が、「行き過ぎている」と考えられます。

そのため「自律神経」といった要素も、アレルギー対策には重要なものと言えますが
それに加えて、昨今では「腸内環境」という要素が注目されています。

腸内環境の改善でアレルギー症状を抑える

「腸」という器官は、あらゆる「代謝機能のスタート」を担う部分であり
自律神経のコントロールだけでなく、体内分泌ホルモンの状態を左右する非常に重要な存在であり
「従来考えられていたよりも、より重要な器官」として、昨今あらゆる分野で注目されています。

そしてその中でも、特に「免疫」や「抵抗」といった機能への影響が
非常に大きなものであることから、腸内環境からアレルギー症状に働きかけることは

アトピー性皮膚炎をはじめ、花粉対策の主流となりつつあります。

特定の乳酸菌が。「インフルエンザ」の予防に効果的と
一時期のブームになったことは、ご存じの方は多いと思われます。

それと同じく、「乳酸菌飲料を飲む・飲まない」によって
花粉の季節の症状に、変化を感じるという声も聞かれます。

※もちろん、個人差のあるものです。

それに関連して、敏感肌(弱いアレルギー反応場合も多い)といった方や
アトピー性皮膚炎に悩んでいるに対しても、症状の緩和を期待して
「乳酸菌アイテム」の利用することが、徐々に一般的になってきました。



抵抗・免疫機能に有効なアプローチは、現在非常に活発に研究されており
様々な成分が発見・開発されていますが、それらに関しても総じて腸への働きかけが中心です。

※参考記事>>加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS」とは


「今まで大丈夫だった」からこそ危機感を持つ

鼻水・アレルギーといった話題は、年齢に関係ないように思えますが
免疫・抵抗が弱まった際には、よりリスクが高まることは言うまでもありません。

「今まで大丈夫だった」という場合でも、免疫の低下によって
よりアレルギー反応が起きやすい状態へと、体が変化している可能性があります。

アレルギー反応が起きるということは、もともと要因を持っていたことになりますが
若い(元気な)時期は抑えられていたものが、加齢によって現れるケースもあります。

心当たりはある場合は、早めの対策をすべきであることは言うまでもありません。

<PR>
「アレルナイトプラス」の詳細・販売ページはこちら

「ハイパーLPS500」の詳細・販売ページはこちら