つらい「痔」の症状とサプリによる効果的な治し方~漢方成分配合「ピーチラック」で体の中から克服する~

「人には言えない、つらい悩み」

「なったことがない人には、想像できない痛さ」

「命には関わらないが、進行することで日常生活が困難になる」

まさに「痔」というのは、胸を締め付けられる症状です。

この「痔のつらさ」というのは、基本的にはその「痛さ」になりますが
それ以外にも、「恥ずかしい」といった事情で相談できず・・・

「あの人、座っているだけなのに、なんでつらそうなの?」

と同僚に思われてしまったり、余計な勘違いを招くことも多いです。

更には、下着を汚してしまったり(想像したくない光景です)と
様々な角度から、生活に支障をきたすことになります。

何より、「座っているだけでつらい」ということは
特に、デスクワークが中心の人にとっては致命的であり
そしてそもそもは、そのデスクワークの結果だったりもします。

痔の症状・種類とその原因

簡潔に紹介すると、痔には

  • イボ痔(痔核)・・・肛門付近に発生する「腫れ」
  • キレ痔(裂肛)・・・肛門付近に発生する「裂傷」
  • アナ痔(痔瘻)・・・肛門付近の傷の「炎症・化膿」

大まかに分けて、3つの症状が存在します。

また、それぞれの症状に共通する要因として

  • 便秘によるいきみ過ぎ
  • 水分の少ない硬い便
  • 血行不良
  • 刺激物の過剰摂取

といった、体内の問題によって「きっかけ」が作られ

  • 座りっぱなし・立ちっぱなし(同じ姿勢)
  • 硬い椅子の使用

といったものによって、「悪化」すると考えられます。

症状によって、特に影響を与えるものはやや異なりますが
基本的には、以上の要因を避けることが有効な対策と言えます。

「イボ痔」を例して想定した場合、便秘(便が硬い)による
「いきみすぎ」によって、「うっ血」した状態となり腫れが発生し
硬い便によって、さらに腫れが刺激を受けることになります。

この時点で痛みが発生し、「患部」となる場所によっても
その症状・治療法(改善策)が変わってきます。

イボ痔→キレ痔→アナ痔と、発展することも珍しくありません。

また、冒頭で「命には関わらない」としましたが
痔は悪化・放置することで、肛門が硬く・狭くなり
正常な便を排出できない状態に発展することも珍しくありません。

そもそもが、「清潔なわけがない」部分でもあり
他の外傷に比べて、悪化するリスクが大きいことを忘れてはなりません。

一般的な痔の治療・家庭での対処

痔の治療は他の外傷と同じく、「塗り薬」で痛み・症状を抑えることに加えて
「便を柔らかくする」薬によって、発生リスク・悪化リスクを抑えます。

特にイボ痔の場合には、その症状によっては「外科手術」によって
要因となっている「イボと呼ばれる部分」の切除や
腸の形状に問題がある(脱肛門)の場合には、正常に戻す処置がとられます。

また、家庭内で「民間療法」としての対処を考えた際には

  • 便秘の解消(水分摂取・乳酸菌・食物繊維)
  • 入浴による血行の改善
  • 椅子にはクッションをひく

また、「痔にーは」でお馴染みのアイテムといった
「専用の塗布薬」も、一般的な薬局で市販されています。

キレ痔・イボ痔専用サプリ「ピーチラック」

上記したように、痔を治すためのアイテムと言えば
基本的には、塗り薬による外部からの物理的なアプローチが中心であり
体の中からできることと言えば、便秘・血行の改善くらいしか浮かばない方が多いと思います。

しかしながら、実は「痔専門サプリ」と呼ばれるようなアイテムも
最近になって販売・注目され、求めていた方が非常に多いもの(形態)であったこと

何より「塗る」以外で、家庭での改善アプローチができることで
これからますます利用者が、増えると考えられるアイテムになります。

とは言っても、

まだまだ種類は少なく、おススメできる数少ないアイテムが「ピーチラック」になります。

「ピーチラック」は「乙字湯」と呼ばれる、複数の漢方が主成分となっていおり
実はこれらの成分自体が、痔に効果的ということは知られていました。

しかしながら、やはり漢方はそれほど簡単に手に入れられないものであり
サプリになったことで、より効果的に摂取することができるようになってということです。

※「ピーチラック」は「顆粒状」のアイテムになります。

塗り薬に比べて「圧倒的に楽」であり、
また「処方している姿」という、最も人に言いたくないポイントに関しても
「比べ物にならない」レベルといっていいものであり・・・
「そこだけ」でも、サプリ形式のメリットがあると言えます。

現在、モニター価格での購入が可能なキャンペーン中であり
悩みの深い方も、「もしかしたら・・・」という方も
これを機会に、取り入れてみることをおススメします。

「ピーチラック」の詳細・販売ページはこちら