中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

うるさい「いびき」を治す方法はある?~効果的な防止法とは?エコンザイムサプリで対策も?~

「中高年の象徴」とも言える、身体的な特徴として

体型・疾患の他にも、日常的な習慣に付随する慢性的な症状があります。

 

「痰が絡まりやすくなった」「肩が凝りやすくなった」といった

様々な症状のある中で、特に「いびき」は典型的なものであり

多くの人が「聞いたことがある」ものだと思います。

 

男性で三割、女性で一割の人が「当事者」であるとされる

このいびきに関するトラブルの内容は

  • 人(自分以外)のいびきに悩んでいる
  • 「うるさいよ」と言われて悩みはじめた

 

という、少し特殊なものでもあります。

 

「自覚症状」と呼ばれるようなものがなく

自分で気づくことが難しい悩みの1つであり

「つらいのは本人以外」という一方で

「本人の健康問題」であることは、間違いないものです。

 

「いびき」とは、健康トラブルは発生している際の

「シグナル」とも言える、改善すべき症状になります。

 

そもそもなぜ「かく」のか?

 

とは言っても、この「いびき」という体の1つの反応は

幼い頃から、若い頃から、うるさい人はうるさいものであり

なんとなく「そういもの」「体質」と考えている人も多いと思います。

 

「歯ぎしり」と似た側面もあり、「肉体的な健康」とはやや異なる

個体差として、また「ストレス」等が関係するものであるとも言えます。

 

しかしながら、いびきの場合は「心肺」周辺の要素も関わっており

歯ぎしりなどの症状に比べて、肉体的な負担が大きなものになります。

 

「呼吸の通り道」が塞がれている

 

このいびきをかく理由として、最も多くの割合を占めるものが

「気道」が塞がれていることによって、起きるているものです。

 

寝そべったことで「舌」の一部が、空気(呼吸)の通り道を

塞いでしまうことによって、異音が発生しやすくなります。

 

「がー!」という音や「ぴゅー!」といった音がするは

喉の奥が「口笛」を吹いているのと、同じ状態になっているためです。

 

「舌」や「口腔内」また「気管支」の形状も大きく影響するものであり

また「扁桃腺」の大きさ等によっても、リスクが高まるものであり

「生まれつきかくやすい」という場合も、これらの理由によるものです。

 

「疾患」「体型」によって「かかされる」場合も

 

「鼻水」や「痰」といった「耳鼻科系」の疾患によって

気道が塞がれやすい状態になることは、もちろんリスク要因になります。

 

また、非常に多く見られるケースとしては

肥満体型の人は、脂肪・贅肉によって気道が塞がれやすいという

極めて物理的な要因も考えられます。

 

やはり「加齢」の影響もあり

 

「オヤジ」というイメージを思い浮かばせることになるいびきは

加齢によって、リスクが上昇する症状でもあります。

 

心肺機能は、筋肉によって機能しているものであり

更に、軌道周辺の組織が弛緩・たるんでくることも原因です。

 

また、飲酒後の睡眠時にいびきをかきやすいのは

同じく筋肉が弛緩していることによるものであり

慢性的に弛緩している場合には、慢性的なリスクが高まることになります。



どうすればいびきを防げるか?治せるのか?

 

いびきの問題は、非常に長きにわたるテーマであり

様々な防止方法・防止グッズといったものが提案されてきました。

 

「マウスピース」によって、軌道を確保しやすくしたり

 

枕を高くする・低くすることで「ベストな姿勢」の試行錯誤をしたり

 

更に最近では「CPAP」と呼ばれる、強制的に軌道を確保する(広げる)

専門の「治療装置」も開発されており、利用者も増えているようです。

 

また、口腔内・軌道周辺の組織が原因となっている場合には

「レーザー治療」という、物理的・本格的な手段も存在します。

 

このように、方法・アイテムといったものは様々存在しますが

一定の効果が得られるものであっても、継続しなければならず

確実なものでは、やや大げさな治療になってしまうことが現実です。

 

また、「民間療法」に関しては

口をテープで塞ぐことで、強制的に鼻呼吸を起こさせるといった

「荒業」も目立ち、専用のテープアイテムもあるようです。

 

しかしながら危険の伴うものであり、おススメできるものではありません。

 

日常的に、徐々に改善していくためには

やはりより根本的な「体の中から」働きかけることが大切。

 

いびきに効果的な栄養素

 

「ビタミンC」が肌によいことは有名であり、また事実でもあります。

 

しかしながら、同じように「いびきに効く栄養素」に関して

広くしられているものはなく、知っている方も少ないと思いますが

最近では「エコンザイムQ10」に、いびき改善効果があると注目されています。





 

エコンザイムQ10が、いびきに効果的な理由は諸説ありますが

はっきりとした仕組みは、まだ分かっていないことが現実です。

 

ただし、いびきの発展形である「睡眠時無呼吸症候群」の患者に対し

エコンザイムQ10を投与したところ、大きな改善が見られたという

「実証実験」のデータもあり、エコンザイムQ10が持つ

  • 新陳代謝の向上
  • 脂肪の分解
  • 筋肉の生成

 

といった働きが、関係していると思われます。

 

実際に、上記の要素の衰えが原因の症状でもあります。

 

このエコンザイムQ10は、食事での摂取は難しいものであり

やはり、サプリでの摂取が効率的です。

 

「いびきサプリ」と呼ばれるアイテムは

エコンザイムQ10主成分となっているものであり

いびきのための摂取であれば、いびきサプリからの摂取をおススメします。

 

最も評価を受けている「いびきサプリ」とは

 

生活習慣病を加速させる要素

 

いびきが引き起こす問題は「騒音」だけでなく

  • 酸素不足
  • 各器官への負担増

 

という、生活習慣病に関わる要素の増幅にあります。

 

血液への酸素の供給不足に加え、心肺機能の負担が増えることで

血流の悪化にもつながり、酸素不足の状態を加速させます。

 

足りなければ足りないほど、供給するための機能が活発になり

結局は、心臓への負担が増していくことになります。

 

高血圧から動脈硬化を招く、典型的なサイクルの1つであり

心臓や脳といった、重要な器官のリスクの上昇になります。

 

「たかがいびき」で、済ましてはならない理由があります。



 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて