「絶対に避けたい」激痛を伴う「尿管結石」の原因と症状




いわゆる「体の不調」には、様々な種類が存在し
その不調ごとに、様々な「症状」が現れることになります。

その症状の中でも「痛み」に関しては、多くの不調に見られる症状であり
珍しいものではありませんが、こと「尿管結石」の痛みに関しては
「想像を絶する」と言われるほど、痛いことで知られており
身の回りの「経験者」に話を聞いて、恐れている人も多いのではないでしょうか?

尿管結石を経験する人というのは、男性の比率が高くなっていますが
全体では「15%」の割合で発生すると言われており、決して他人事ではありません。

スポンサーリンク

そもそも「尿管結石」とは

「尿管結石」は、正式には「尿路結石」と呼ばれ
「尿」が関わっている器官内に、小さな個体が発生してしまう症状であり
そのほとんどが「上部尿路結石」と呼ばれる、「腎臓」と「尿管」に発生するものになります。

「石」と呼ばれることもあるこの結石は、「ミネラル」の結晶であり
「カルシウム」と「シユウ酸」が結びつくことによってできる
「シユウ酸カルシウム」という成分が主体となって構成されます。

なぜできてしまうの?

基本的には、「食生活」が原因であると考えられ
栄養過多の人、つまり太っている人に多い症状になります。

しかし、それ以上に「ストレス」が大きな原因であると考えられ
社会的な責任も増す、中年以降に増えていると思われます。

ストレスは「代謝」を乱す要素であり、うまく排出されなかった
一部のミネラルが、固まってしまうことで結石化します。

本来であれば「全て排出されるべき」成分が、排出されない・できないことで発生します。

どんなタイミングで・なぜ「激痛」が走るのか

とにかく「痛い」という症状は、広く知られていることになりますが
実際に激痛を感じるタイミングは、結石が「尿管」に移動した後になります。

結石が発生したばかりで、まだ腎臓にある間はそれほど痛みはなく
「違和感」程度ですが、尿管に入った際にはいよいよ痛みが発生してくることになります。

しかしながら「何も感じない」ことも珍しくなく
極めて小さい場合は、気づかずに排出していることも多いです。

その際に、結石が尿道を傷つけたことで「血尿」が見られることもあります。

できてしまったらどうすればいいのか?

一度「できてしまった」結石を、ピンポイントで縮小させることは非常に困難です。

そのため、結石が一定以下の大きさの場合
基本的には「排出」することが、除去方法になります。

水分を多く摂取し「利尿作用」を促す薬剤を使用します。

しかし、一定以上の大きさになってしまっている場合には
尿道を通って排出することは困難であり、外科手術をすることも多いです。

また、現在では「超音波で破壊する」手段が一般化していますが
それ以前は、外科手術によって「物理的に」砕くことが主流となっていました。

十分に「予防」できる症状

「尿路(尿管)結石」は、再発しやすいことも特徴の1つです。

その理由として「体質」と言うよりも、「できやすい体内環境」になっていることが挙げらます。

しかしながら「予防」に効果的な習慣もあり
二度と苦しことのないように、取り入れていく必要があります。

結石予防の「鉄板」としては、日常的に適切な水分補給を心がけ
「結石の素」の排出を促すこと共に「クエン酸」を摂取を意識しましょう。

クエン酸は、結石形成を抑止する効果があると考えられ
実際に、意識して摂取した際の「再発率の低下」にも反映されています。

「結石体質」の人は「カルシウムを摂ってはいけない」という
迷信が蔓延していましたが、現在では「適切な量を摂取すべき」と分かっています。

「適度な運動」「生活リズムを整える」といったことは、言うまでもありません。

「血液の質」を反映している

そして、尿路(尿管)結石の症状が見られた人は
同時に動脈硬化・高血糖の傾向があることが、統計から分かっています。

どれもが、基本的に「栄養過多」な状態が招く症状です。

「そろそろ危ないよ」という、体からの警告でもあるのです。

<PR>
もちろん尿酸値も大きく関わります