「癌(がん)」とはどんな症状で・結局何が原因なのか~「予防」「完治」は出来る?~




「癌(がん)」と聞くと「最も重い病気」という印象を持つ人が多いはずです。

 

生きていくうえで・経験として、何となく「一番ヤバい病気」として

認識されていることが多く、過剰に恐れている人もいるはずです。

 

最近でも、有名な方が「闘病告白」したり

「会見」で休業を宣言したりと、改めて注目されています。

 

患ってしまった方は、不安な・苦しい状況に違いありませんが

「今まで考えたことがなかった」という層にも「検診」等の

意識が芽生えてきたことは、大変にいい傾向です。

 

「癌」は「糖尿病」等の「生活習慣病」と同じく

実際には、それ以上に「早期発見」が何より大切なことになります。

 

「癌(がん)」に関する情報・症例・研究は膨大なため

今回は簡潔に、基礎的な要素を解説していきます。

 

※「癌」と「がん」の表記は「幹部」によって定義されていますが

現在では、区別なく使われていることがほとんどです。

 

「細胞」の「異常」「変質」

 

「癌」とは正式には「悪性腫瘍」と呼ばれており

「ポリープ」や「子宮筋腫」等と同じく「組織の異常な変質」であり

それが「良性」なのか「悪性なのか」によって

「癌(がん)」と「それ以外」に分かれます。

 

「ちょっとしたできもの」と「深刻な腫瘍」も、見た目は変わらないこともあります。

 

そして「放置」することによって、確実に死に至ります。

 

誰もが「いずれ」なるもの

 

広く知られていることでもありますが「癌(悪性腫瘍)」の原因は

細胞の「誤作動」であり「生きていれば」100%起きることになります。

 

それが「遅いか」「早いか」の違いであり「いずれ」起きることです。

 

そして「いずれ」ということは「完治」という概念はありません。

 

たとえ「治った」としても、いずれまた必ずなるのです。

 

ただし、年齢を経れば減るほど

リスクが上昇するということは間違いありません。

 

「小児癌」といった特殊なケースや、20代であっても

発症する可能性もありますが、基本的には「中年以降」に

発症率が急激に上昇することになります。

 

そもそも「抜け毛」や「更年期障害」といったものに関しても

細胞・ホルモンの誤作動・異常が原因であり、それらとも無関係ではありません。

 

「症状」や進行のパターンは無限大

 

典型的な「癌(がん)」の名称としては

最初に見つかった「患部」ごとに

  • 肺がん
  • 胃がん
  • 乳がん
  • 前立腺がん

 

といった、名称で知られています。

 

しかし「悪性腫瘍」の特徴として「転移」というものがあり

最初に異常が現れた部分から「拡散」「増殖」していきます。

 

簡単に表すと、

「癌(がん)」とは「狂った細胞」が増殖する症状です。

 

そして徐々に「機能不全」に陥る器官が増えていくことになります。

 

この発症部位・拡散のルート、それぞれに個人差があり

同じ「進行」をたどる患者はおらず

常に、その患者にとって適切な治療が必要になります。

 

  • がん治療は「がん細胞」を取り除くこと
  • 増殖・拡散させないこと

 

以上が目的になりますが、その手段も毎回違うものになります。

 

がん予防のために出来ることは?改善策は?

 

基本的には「発症」してしまったら「自然治癒」が出来ないものです。

 

それだけに「治療法」と同時に「ならないこと」に関して

長い間、常に研究が重ねられてきました。

 

「予防」するためには「原因」を知ることが必要ですが

その原因に関しても、基本的には「不明」です。

 

「細胞が悪性化・異常化してしまう」ということしか言えません。

 

しかし「細胞」の深い部分が関わっているものであり

「遺伝」が大きく関係しているといった「説」は根強く

「肌感覚」として「~がん家系」というものは存在しているように思えます。

 

また、近年の大きな発見として

本来の「細胞の異常化」に加え「ウィルス感染」によっても

「がん細胞化」「細胞の異常」が招っかれるのではないかと考えられています。

 

たった1つ間違いなく有効である「予防法」

 

「がんに効く!」という健康法や、アイテムが販売されていますが

残念ながら、100%予防出来るものはありません。

 

かといって「全く効果がない」とも言い切れません。

 

「結果」でしか分からないものになります。

 

「臨床データ」として「効果があるのでは?」

という成分・習慣は存在しますが、様々な規制もあり

万人が試すことが難しいことが現実です。

 

しかしそんな中でも、唯一「癌に効果のある予防法」として

万人が心がけることが出来ることが「食べ過ぎ」を控えることです。

 

これは冗談ではありません。

 

「食べ過ぎ」は、細胞の老化を加速させることがはっきり分かっています。

 

「消化酵素」の過剰分泌は「活性酸素」の生成を招き

あらゆる細胞が、その処理によってダメージを受けます。

 

そもそも「活性酸素」は「細胞の老化」を招く原因であり

衰えた細胞ほど、異常を起こしやすいものです。

 

また「粗食」であることによって「長寿遺伝子」が生まれやすく

実際に「飢餓状態」において「がん細胞」を撃退する遺伝子が

生まれるということが判明しています。

 

「腹八分目」は究極の長寿法のようです。

 

 

<PR>

癌研究の集大成「フコイダンエキス」とは