「男性の更年期障害」の症状と対策~「女性の」との違い~




「更年期障害」と聞くと「中年女性に訪れる悩み」という印象があり
男性はそれほど深刻に悩む必要がない、と思われていることも多いようです。

しかしながら、「性ホルモンの減少」
根本的な原因であることからも、男性にも同じく訪れる症状であり
今までは「おじさんだから、しょうがない」と思われていた
典型的な症状が「男の更年期障害」として、認知されてきています。

スポンサーリンク

「男の更年期」に訪れる症状

女性の更年期障害の症状は、広く認知されており
おばあさん、おかあさんからも「気をつけなさい」と
忠告を受けたり、対策・改善策を受けついでいることも多いようです。

しかし男性の症状というのは、あまり表だって話されることが少ない傾向があります。

男性の「身体的な」更年期の症状というのは
「下半身」の事情を含むことが多く、そういったことも
なかなか話しづらい、となる理由となっているようです。

「泌尿器科」に該当する症状が多く、具体的には

  • 前立腺肥大(尿漏れ・頻尿)
  • 勃起<男性機能>不全(インポテンツ)

といった、「そのもの」の機能のトラブルであり
それは「男性ホルモン(テストステロン)の減少」を、直接的に反映しており
結果的に「薄毛」といった、その他の症状を招く原因にもなります。

もちろん、それらに加え

  • 動悸・息切れ
  • ほてり・のぼせ

といった、女性の場合と同じ症状も現れやすくなります。

「汗をかきやすくなった」という方は、要注意であり
体の「調節機能」が乱れ始めた前兆と考えられます。

「精神的な」トラブルは男女に共通する

性ホルモンの減少が「自立神経」を狂わすことは
男女に共通する症状であり、その結果として

  • イライラ
  • 抑うつ

といった「精神の不安定」が引き起こされます。

「中高年の鬱」や、「ミッドライフクライス」といったことも
男性を含めた、更年期障害の1つの症状でもあるのです。

>>中高年の「ミッドライフクライス」について詳しく

「男の更年期」の対策

「女性の更年期障害」への対策としては

  • 大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)
  • マカ・高麗人参
  • プラセンタ

といった成分を含む、漢方・サプリを取り入れつつ

「過ぎ去るの」を待つ、出来るだけ「軽くする」ことがメインになります。

しかしながら、男性の更年期に特徴的な症状に関しては
「ずっと続く」ことも多いため、より注意が必要とも考えられます。

やはり「男性ホルモン」に働きかけることが必要

女性と同じく、症状の対策・緩和策としては
「男性ホルモン(テストステロン)に」働きかけることが欠かせません。

しかしながら、女性にとっての「大豆イソフラボン」のように
男性の「性ホルモン」に働きかける成分は、それほど知られておらず

「男性の更年期障害の改善策」と言えば「マカ」といった
いわゆる「精力剤」に含まれる成分をイメージしがちです。

もちろん、それらの成分は非常に有効なことに違いありませんが
そういった成分「だけ」でなく「亜鉛」といった
基礎栄養素も、しっかりと取り入れることが大切になります。

おススメの「更年期男性向け」サプリ

女性向けサプリほどではありませんが
男性向けの「更年期有効なサプリ」も販売されています。





「マカ」といったものだけでなく、「亜鉛」や「アルギニン」を含め
全体的な栄養補助ができるものを選びましょう。

「ドリンク型アイテム」等は「即効性」はありますが
積み重ねる対策ではないため、出来るだけ「習慣化」を意識しましょう。

また「パッケージ」等は、少し「煽る」部分もありますが
気にせずに、少量だけでも習慣に取り入れていきましょう。

「男性こそ」早めのケアが必要

男性ホルモンの分泌のピークは、女性と同じく「20代」であり
比較的長めの「停滞期」を経て「40代」で急激に減少する傾向があります。

「停滞期」に油断しないことが、最も重要であり
30代半ばには、なんらかのケアを始めることが理想です。

<PR>
「薄毛」と「前立腺肥大」に同時にアプローチ出来るサプリ