「リウマチ」の症状が現れる原因~検査・薬で改善してく?~




女性を中心とした、中年以降に現れるこれで知られている
「肉体的な不具合」の症状に、「リウマチ」という症状があります。

リウマチは、「体が動かしにくくなる」症状の1つであり
できることであれば、現れて欲しくないものには違いありません。

中年以降とは言うものの、症状が出始める時期は個人差があり
30代後半から、日常的に症状を感じる人も珍しくなく
また女性の中には、30歳前後から徐々に症状が見られる人も多いです。

非常に稀ではありますが、10代で発症する「小児リウマチ」と呼ばれる症状も存在します。

<リウマチ>と言うと、一般的には関節が「こわばる」ことで
動かしにくくなる、「関節リウマチ」を指すことが多いですが
最終的には「骨」や「筋肉」も、巻き込んだ症状に発展していくことになります。

スポンサーリンク

「リウマチ」の症状の現れ方

まず、リウマチの初期症状・前兆としては
だるい(倦怠感)・食欲不振といった「微熱時」に近いものが現れます。

女性にとっては「生理」期間中の症状と似ており、見逃してしまうことも多いようです。

しかし時間が経つにつれて、やがて関節への症状に発展することになります。

「どの関節から」といのものは、個人差がありますが

  • 首(頸椎)
  • 手首
  • 足首
  • 肘・膝

といった駆動の多い部分から始まり、「左右対称に起き始める」ことが特徴的です。

「背骨」といった、大きな組織から始まることは少ないようです。

「朝のこわばり」は、有名な症状であり、早朝に症状が出やすく
朝の準備に、支障をきたすことが広く知られています。

そして「こわばる」という段階から、やがて「痛み」へと変わっていきます。
(実際に症状が起きているのは、滑膜(<かつまく>と呼ばれる部分。)

組織の破壊による痛み(炎症)から変形へ

「痛む」ということは、「炎症」が起きているということであり
感覚的なものだけでなく、「物理的なダメージ」も蓄積されていくことになります。

実際に、骨を構成する細胞が破壊されることによって
最終的には「変形(奇形)」が起きてしまい、そのままの状態で固定されてしまうことで

日常生活への負担も大きなものになってしまうことになります。

また、「悪性関節リウマチ」と呼ばれる症状は
非常に稀でありながらも、血液内で炎症物質が発生し
循環することで、全身に回ってしまう「難病」に指定されています。

「リウマチ」の根本的な原因

リウマチは、その症状から「外的」「肉体的」な要因であると

思われがちですが、実は「自己免疫疾患」であり

「自分の免疫細胞が、元気な細胞を攻撃している」状態です。

そのメカニズム全てが解明されているものではありませんが

近年著しく研究が進んでおり、「骨」の細胞に関する

「代謝」が大きな鍵を握っていることが判明しています。

そして、それにはもちろん「自律神経」が大きく関わることになります。

「女性に多い」理由として、不安定な「女性ホルモン」による
「自律神経の誤作動」も、関わっていることは想像できるはずです。

外的な要因も

一言で「リウマチ」と言っても発症につながる要因は幅広く、限定することができません。

こういった疾患につきものの「遺伝」という要素に加え
細菌・ウィルスによる影響、更に「喫煙」も大きく関わっているとされます。

また幹部となるパーツに関しては、「リスクが溜まっている(血流の質等)」ことで
症状の発生リスクが上昇すると考えられています。


「リウマチ」の検査・治療

こわばり・痛みの症状に、リウマチの要因が含まれているか否かは
「血液検査」によって、調べることになります。

また従来は「痛み」を緩和することが、治療の中心となっていましたが
現在では「免疫」を抑える治療薬も開発されており
根本的な要因に働きかけることもできるようになりました。

しかしながら「免疫を抑える」というコンセプトから想像できるように
弊害も伴うため、「その症状だけ抑える」ことはまだまだ難しいことであることが現実です。

体を温めて「自律神経」を安定させる

リウマチの予防・改善策として、日常生活の中で実践していけることは
少ないことが現実ですが、最善の策としてはやはり「体を温める」ことになります。

温泉に含まれる「効能」の中にも、リウマチに効果があるとされているお湯がありますが

「温める」ことは「血流」を促進することでもあり
「炎症物質」の滞留を解消することにつながります。

リウマチの進行は、「寝たきり」といったリスクを上昇させてしまいます。

またその影響は関節・骨・筋肉に留まらず、血液・血管にも波及していくため
「高血圧」をはじめとした、様々な悪影響が発生することにつながるため
改善策は日常的に・早めに始めることが、最善であることは言うまでもありません。

<PR>
「関節痛」「神経痛」へのアプローチにはこちら!