幅広い健康リスクを招く「ストレス」は「セロトニン」の減少が原因かも?~増やすための方法・食べ物とは?サプリで効率的に!~

当サイトは「中高年の健康」を考えることがコンセプトとなっていますが
健康を害する要因は、肉体的な・精神的なものだけではありません。

健康状態を改善するための、働きかけを考える際には
どうしても、物理的なアプローチを意識・実践しがちなものです。

もちろん、「食生活の改善」といったことは、非常に重要なテーマになりますが
「病は気から」という言葉もある通り精神が体に与える影響は非常に大きなものです。

「気持ちで治れば苦労しない」と考える人も未だに少なくなく
実際には、軽視しがちでなっているであろう「精神状態」というものは
決してなめてかかってはならない、肉体の健康を保つうえで非常に重要なものなのです。

そして「精神を病む」ことの原因となる要素としては
やはり「ストレス」というものが、必ず関わってくるものであり
これは「生活習慣病」と同じく、加齢によって上昇するリスク要因です。

「ストレス」は幅広い症状の「きっかけ」になる




ストレスが招くトラブルは数え切れず、「精神的なトラブル」に関しては
言うまでもありませんが、全て精神的な症状だけに限定することもできません。

「肥満」といった、体形に対する影響も現れたり
また、ストレスによる「自律神経」のトラブルは
予想ができない事態を引き起こす、非常にやっかいなものと言えます。

このストレス発生は避けることができないことでもあり、うまく「解消」することも必要です。

最も避けるべきは、「溜める」ことであり
最悪の場合には、「うつ病」といった深刻な事態を招く
特に中高年にとって、無視することができない症状と言えます。

※参考記事
>>ストレスを感じるとなぜ太る?~「ストレス」と「肥満」の関係~

>>「自律神経失調症」の症状と血圧上昇への影響

>>ミッドライフクライシスの対処法

そして、このストレスに対する対処法には「解消」以外の要素も存在し
そういった手段を知ることで、「ストレスに潰されない」生活を送ることにつながります。

「ストレス」の量と反比例する「セロトニン」の量

ストレスに関わるものとして、その「発生」の要因は無限にあり
それを「緩和」する方法も、人によって様々です。

  • 会社で嫌なことがあったから、釣りに行こう
  • ご近所の人間関係に疲れたから、1人でカラオケに行こう

溜まる前に、解消することができる

且つ人に迷惑をかけなければ何でもいいものです。

そして、これらに加えて「体内分泌物質」によっても
ストレスの緩和ができることも、知っておいて欲しいと思います。

それは、「セロトニン」と呼ばれる物質であり

  • 不足することで、ストレスが溜まりやすく(解消しにくく)なる
  • しっかり分泌されていることで、ストレスの抑制につながる

ストレスと「シーソー」のような関係にあるものです。

このセロトニンは、ストレス自体によっても減少しますが
「性ホルモン」とも密接に関わっており、性ホルモンの減少が
顕著になる中年期というのは、必然的にストレスを感じやすいと言えます。

「更年期のうつ」も、このセロトニンの減少の大きく関わっているのです。

※参考記事:>>更年期のイライラ・抑うつ症状について詳しく

セロトニンを増やす方法

少ないことで、ストレスを増幅させてしまうセロトニンは
「増やす」ことで、ストレス状態を改善することにつながります。

そしてそのために意識するべきことは、「楽しい」「嬉しい」「気持ちがいい」といった
体にとって、精神にとってメリットの大きい「感情」を得ると同時に
やはり「食生活」から、物理的に分泌を促すことが大切になります。


セロトニンを増やす食生活

セロトニンの生成には、アミノ酸の一種である
「トリプトファン」という栄養素が関わっており
このトリプトファンを含む食材の摂取が、最も効率的と言えます。

トリプトファンは、

  • 乳製品
  • 大豆食品

といった食材に、豊富に含まれており
これらには「植物性エストロゲン」も含まれていることから、
やはりセロトニンは、性ホルモンとも比例関係にあることが分かります。

また、このトリプトファンからセロトニンを生成するためには
「ビタミンB6」が必要であり、野菜・果物といったものも欠かせず
これらは「同時に」摂取することが、望ましいと言えます。

つまり「バランスのいい食生活」は最低限の、条件と言えます。

そして「食事」というのは、「最も簡単に幸福を感じられる方法」であり
もちろん「太る」というリスクを抱えているものであるからこそ
「好きなものを食べることが許される」健康的な肉体を保つが必要なのです。

「サプリ」でアプローチできる時代

しかしながら、「ちゃんと食べてるけど」という方は多く
「プラスアルファ」を求めている人も多いと思われます。

そういった場合には、「肉体的なトラブルへの働きかけ」と同じく
「サプリ」を利用することも、効率的な働きかけと言えます。

「うつ病の治療」というと、「抗うつ剤」といった
特別な薬物療法をイメージする方も多いと思います。

こういった「薬」に対しては、抵抗感の多い人が多く
健康的なイメージが沸くはずのない、当然のことでもあります。

また、何より「精神病」といった悪いイメージが必ず付随します。

しかしながら、現在では非常にサプリの種類・目的が豊富な時代であり
薬ではない「食品」として、セロトニンにアプローチできるものも存在します。

ひと昔前には存在しない、「薬以外での働きかけ」ができる時代なのです。

もちろん、「飲めばよくなる」というものではなく
あくまで「サポート」としての利用になりますが
それぞれのサプリが、「目的に応じた有効成分」を配合しているものです。

そもそもひと昔前は、「セロトニン」という言葉自体があまり知られないものであり
こういった知識を持っていることで、効率的な働きかけができるとも考えられます。

もし深刻な状態であれば、本来であれば「しかるべき医療機関」にいくべきです。

しかしながら、「迷っている」のであれば
まずは手軽に試すことのできる、サプリや漢方を試すべきであり
これは精神的なトラブルだけでなく、全ての症状に言えることでもあります。

<PR>
おススメの「セロトニンサプリ」シリーズを見てみる