高血圧を予防・改善するための食生活

高血圧を改善するための食事・食生活を考えた際
まずは「減塩」ということは、常識的だと思います。

一般的に、塩分の1日の摂取量の目安として「6g以下」とされていますが
高血圧患者の場合、更に低い目標を定める必要があります。

また、確かに塩分の摂取を抑える・制限することは
高血圧対策にとって必須ですが、あくまで「最低限」であり
そこから更に一歩進んだ内容が必要になります。

高血圧に働きかける食事

高血圧に対し、食事によってアプローチする際に

  • 血圧を上げる食材・食事を避ける
  • 血圧を下げる食材・食事を取り入れる

以上の2つのアプローチ方法があります。

血圧を上げる食事を避ける

最も大切なことが、そもそも血圧を上げないことです。

血圧にとって大きなリスクと言えるものが「塩分が多い食事」ですが
この塩分が多い食品について、見逃しているものも多いはずです。

生活するうえで、塩分を含んだ食材は
なんとなく「味が濃い料理」であると感じますが
料理そのものではなく、食材に関しても注意が必要です。

意外と塩分を多く含む食材・・・

  • 加工肉(ハム・ソーセージ)
  • 練り物
  • 乾物
  • 発酵食品

塩は元々保存食を作る際に利用されてきたものであり
「賞味期限が長いもの」に注意が必要です。

また、国民食でもある「味噌汁」に関しても
運動する前や汗をかいた後の各種栄養補給には、非常に効果的な食事ではありますが
高血圧の傾向がある方はできれば避ける、もしくは「減塩味噌」を使うなどしましょう。

加えて、血圧には「血液の質」も大きく関係しています。

血液がドロドロになってしまうような「動脈硬化」を招く食事は、
同時に高血圧を招くことにもつながります。

>>動脈硬化を予防改善する食生活

血圧を下げる食事を取り入れる

血圧を下げる食事を考える際には、「浸透圧」の仕組みに注目する必要があります。

この浸透圧のバランスを一定に保つことが、
血圧を上げないために必要な大きな要素の1つです。

その中でも、「カリウム」はナトリウムを排出し
結果的に塩分濃度を下げる働きがあるため、積極的に摂取していきましょう。

カリウムを多く含む食材・・・

  • ほうれん草(緑の野菜)
  • イモ類
  • キノコ類
  • 海藻類

これらの食材はカリウムだけでなく、「ミネラル」全般を多く含むため
これらをバランスよく摂取することが、浸透圧のバランスをとり続けるために必要です。

調味料を工夫する

「塩」をつかった味付けはあらゆる料理に必須であり、何より「味」に大きく影響します。

高血圧患者であっても、できれば美味しいもの
味覚を満足させる料理を食べたいことは、変わりないはずです。

そこで「塩」を使わずに、美味しく料理を作るための工夫をしていくことが
高血圧対策にとって、非常に大切な要素でもあります。

塩ではなく、「お酢」や柑橘系の果汁を使った
「しょっぱい」ではなく、「すっぱい」味覚で楽しめる料理を取り入れていきましょう。

>>>高血圧対策に取り入れたいサプリの比較・解説

動脈硬化の予防・改善にもつながる

高血圧を予防・改善するための食生活とは、
同時に動脈硬化を予防・改善するための食事でもあります。

血液の質を高め、浸透圧のバランス保つことによって
血管の負担を下げ、動脈硬化のリスクは下がっていきます。