肥満・動脈硬化を予防・改善するための食生活

肥満と動脈硬化に共通している要素として、血液の質が悪化していることが挙げられます。

いわゆる「ドロドロ」の「汚れた」血液の状態です。

この血液の状態を作っているのは、基準値を超えた各種栄養素の濃度であり
特に脂質・糖分・ミネラルといった要素は、他の疾患の原因になることも十分にあります。

特に血液に含まれている「脂質」は。肥満にもつながる要素を多く含んであり
脂質を中心に、血液の質を上げていくことによって
肥満と動脈硬化の両方を予防・改善することが出来ます。

HDLを増やしてLDLを減らす

食事によって脂質の質を改善する際に、重要な要素が

善玉(HDL)コレステロールを増やして

悪玉(LDL)コレステロールを減らすことが出来るような

食材を心がけて選ぶということです。

HDLが減ることによって、LDLの抑制が効かなくなるため
HDLを減らさないことが重要になります。

中性脂肪の摂取によっ、HDLが減少するため、中性脂肪の濃度を上昇しないことが重要ですが
これら中性脂肪・LDL・HDLの関係にに影響を与える成分が「脂肪酸」です。

鍵を握る「脂肪酸」

脂質を構成する要素は、様々な物質(成分)がありますが
その中でも、食生活の「改善」に影響を与えるものとして挙げられる要素が「脂肪酸」です。

この脂肪酸の質が、太りやすい・太りにくいという要素に
非常に大きな影響を与えることになります。

「飽和脂肪酸」と呼ばれる「ラード」を中心とした動物性油はLDLを増やす働きがあり

「不総和脂肪酸」と呼ばれる、魚・植物性油を中心とした
「質のいい」脂質はHDLを増加させ、過剰なLDLを退治してくれる働きがあります。

この不飽和脂肪酸には複数の種類があり、その脂肪酸の化学式によって分類されています。

オメガ3・・・DHA・EPAでお馴染みの脂肪酸

ごま油、マグロ、さば・あじ・いわし等青魚を中心に配合

HDLを増やし、LDL減らす効果が高い

オメガ6・・・コーン油、大豆油

LDLを減らすが、HDLを増やすというデメリットもある

一般的な動物性脂肪に含まれるものも多い

オメガ9・・・オリーブオイル

LDLだけを減らすことが、最も大きな特徴

また、以上の2つの脂肪酸に含まれないものに「中鎖脂肪酸」と呼ばれるものがあります。

主に「ココナッツオイル」に含まれる、この脂肪酸によって構成されている
脂質は消化・吸収のスピードが速く、「代謝効率」が高いことから
体に溜まりにくいため、太りにくいという性質があります。

この中佐脂肪酸は「MCTオイル」として流通していますが
少し高価である一面もあり、料理に使用する全ての油を
MCTオイルに置き換えるのは難しいため、一般的な食生活に適用するのは難しいと考えられます。

避けるのではなくメリットを取り入れる

LDLは摂取を避けても、体内で生成されてしまう物質です。

LDLは細胞の活動に不可欠な栄養素でもあり、問題は「過剰」になり、余っているLDLです。

よってこの過剰なLDLが中性脂肪と結びつくことを、防ぐことが最も重要なことであり
そのためにはLDLを減らし、HDLを増やすための食事が必要になります。

脂肪を「避ける」のではなく、減らすための食事を心がけていきましょう。

>>>動脈硬化対策に取り入れたいサプリの比較・解説

>>>中性脂肪を落とすためにおススメのサプリランキング