「食習慣」による中高年の健康の改善策

中高年の体調トラブルといえば「生活習慣病」と言われるほど
生活習慣が影響する、疾患や不調が非常に多くなります。

それらは今までの生活習慣の「積み重ね」でもあり
そして、その積み重ねの最も大きな要素が「食事」の習慣
「食習慣」であることが言えます。

今まで積み重ねてきた、毎日の食事(おやつ・晩酌)が
最も大きな健康リスクであると考えられます。

最も直接的な効果のある改善策

最も大きな影響を与えているということは、
改善することによって、最も大きな効果を期待することが
できる要素であるとも考えられます。

毎日口に入れる食べ物が私達の体を構成しています。

そして、それらは目に見える部分だけでなく
内臓や、神経や、血液といった全ての器官に言えることです。

体を作る栄養素を摂取するための「食事」なのです。

ここでは、基本的な食生活の改善策を解説していきます。

腹八分目に抑える

高血糖高脂血症等の、「高」という文字が付く健康トラブルは
基本的には、「特定の栄養素」もしくは「全ての栄養素」の「食べ過ぎ」が原因です。

特定の栄養素の過剰摂取を抑えるためにも、全体的な摂取量を抑えることが大切です。

また、その腹八分目習慣は「毎食」心がけます。

過剰な「量」を摂取することによって、内臓の処理機能の付加がかかり
それによっても、様々な疾患を招きやすくなります。

基本的に薄味にする

過剰な塩分摂取が招く高血圧等「味付け」の程度によって
引き起こされるリスクも要素が変わってきます。

最も理想的なことは、調味料は何も使わないことですが
なかなか難しい現実もあるため「ちょっと薄いな」
思うくらいの味付けを理想としましょう。

調理中に使う「味噌」や「しょうゆ」はもちろんのこと
「マヨネーズ」や「ケチャップ」等の後付にも配慮しましょう。

それらは、糖分・塩分・保存料等の
体に悪いもののミックスソースでもあります。

和食は、非常に塩分濃度が高い料理でもあり
高血圧が国民病であることは、昔から言われています。

また洋食は非常に油分が多いため、どちらも気楽に
食べることができる現在は、様々なリスクが上昇しています。

食事の間隔をなるべく一定にする

「お腹がすいた状態は吸収率が高く太りやすい」という話を、
聞いたことがある人も多いと思いますが、この食事の時間帯も非常に大切です。

基本的に「エネルギー」として、しっかり消費され
なるべく体内に余計に残らないことを心がけましょう。

よって、朝・昼がある程度しっかり食べても
夕食や就寝前の食事は、量を控えめにしたり

足りなかった時は、少しおつを食べて「ドカ食い」を防ぎ

食べ過ぎた次の日は、毎食控えめにする等
自分自身でコントロールすることが望ましいです。