「GABA(ギャバ)」の効果で自律神経を落ち着かせて眠りやすい体に変える~「L-テアニン」との相乗効果でよりよい休息を~

近年ブームとなった健康成分の1つであり、すでに忘れ去られてしまった・・・と見せかけて
一過性のブームで終わらず、確固たる地位を築いた成分に「GABA(ギャバ)」があります。

ギャバは正式には「γ-アミノ酪酸(ガンマアミノラクサン)」と呼ばれる「アミノ酸」の一種であり
神経伝達物質として、それも「抑制」の質を持った成分として機能しています。

一般的に手に入る、ギャバを配合したアイテムとしては
「チョコレート」や「コーヒー」のカタチをしたものが典型的なものと言えます。

そして、それらのアイテムに共通しているキーワードとして
「リラックス」があることは、広く知られているものでもあります。

また、「ストレスの軽減」につながるイメージの沸くキャッチコピーも多く
いずれにしても、心を落ち着かせる効果を持った成分であることは想像しやすいと思われます。

一般的なスナック(チョコレート含)としてのアイテムは、
あくまで「気休め程度」と、思われる方も多いかもしれませんが

このギャバは、「休息サプリ」や「リラックスサプリ」の主成分となっているほどであり
ストレス社会で戦う中高年にとっては、ぜひ知っておいて欲しいものの1つです。

「GABA(ギャバ)」が持つ効果とは

ギャバとは、基本的には体内で分泌・機能する成分であり
主な効果としては、上記したような「リラックス効果」があります。

ギャバのリラックス効果のメカニズムを簡単に解説すると、
自律神経を構成する「交感神経」の働きを抑制し
「副交感神経」を活性化することによって、神経が落ち着いた状態へと導きます。

ギャバは、そもそもチョコレート(カカオ)に含まれる成分であり
チョコレート菓子を中心として、配合されたアイテムが知られていますが

  • 発芽玄米
  • かぼちゃ
  • キムチ

といった食材からも、摂取することができます。

「現任不明」なトラブルに対処できる成分

このギャバの働きの恩恵を、最も受けるタイミングというのは
「更年期障害」といった、原因が分からないものに対処する際です。

更年期障害をはじめ、自律神経失調症といった原因に加えて
「結果も分からない」というトラブルの際には

ギャバが持つ抑制・沈静効果というのは、非常に大きな役割を果たすと言えます。

高血圧・生活習慣病の予防にも効果的

またギャバは「高血圧」を中心として、「生活習慣病」の予防成分としても知られます。

高血圧の大きなの要因の1つである、ストレス(それによる興奮)は
交感神経の活性化から起きるものであり、それを抑制することは
高血圧の直接的な予防につながるものであると言えます。

高血圧による動脈硬化が、生活習慣病・合併症の核となる現象であり
早い段階での予防は、これから先の生活に大きく関わるものと言えます。

やすらかな眠りをサポートしてする「快眠サプリ」

ギャバはスナック類を中心に、非常に身近な成分であり
それらはストレス対策成分としては、手軽なアイテムでもあります。

ただし、「食べれば落ち着く」という考えには
賛否両論があることも事実であり、できるだけ質の高いものを摂取することも大切です。

そしてこのギャバは、近年「睡眠(入眠)」を促進するとして
睡眠サポートアイテムである、「快眠サプリ」の鉄板成分となり
質の高いギャバを配合したアイテムが、非常に増えてきています。

睡眠に関する悩みは、中高年が抱えるトラブルの中でも非常に多いものです。

※参考記事>>眠りが「浅い」日々が「続いている」~意識が消えない?

第一には、加齢に伴って「必要睡眠時間」が少なくなることが原因ですが
ストレスやそれによる自律神経のトラブルによって、睡眠の質が低下するものであり
「途中で起きてしまう」や「寝足りない」といった事態が起こりやすくなります。

そういった症状にこそ、ギャバの力は大きな手助けとなるはずです。

おススメのギャバ配合快眠サプリ「リラクケア」

ここでは、ギャバを配合したおススメの快眠サプリを1つ紹介しておきます。



「リラクケア」には上質なギャバと同時に、複数のリラックス成分
更に新たな睡眠サポート成分として知られる、「L-テアニン」が配合されています。

ギャバと共に配合されている、テアニンに関しても同じくアミノ酸の一種であり
脳内のリラックス成分(主にα波)の分泌を、促す成分として知られます。

ギャバとテアニンを同時に摂取することは、

  • 寝つきが悪い
  • 睡眠が浅い

といった、典型的な中高年の睡眠トラブルにおいて
最も効率的・マッチした働きかけであると考えられます。

また「リラくケア」は、「機能性表示食品」として販売されている
特に質の高いアイテムであり、試してみる価値は十分にあります。

「リラクケア」の詳細・購入ページはこちら

外部からの効率的な摂取が必要な成分

テアニンは緑茶に含まれる「旨味成分」であり、非常に身近な成分ですが
緑茶には「カフェイン」という、睡眠にとっての最大のデメリットがあります。

そういったデメリットなしに、有効成分を摂取することができることが
サプリを利用する最大のメリットであり、利用する意味でもあります。

特にギャバは、加齢と共に体内での生成量が減少していく成分であり
作れなくなってしまったものは、外部からの摂取が必要と言えます。

※睡眠成分に関する記事はこちらも併せて
>>「メラトニン」を増やして睡眠障害・ミッドライフクライシスに備える